2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
SSL グローバルサインのサイトシール
 

トップ > すべての商品 > 【再入荷】ユーフォロライト★1(ティアドロップ)

【再入荷】ユーフォロライト★1(ティアドロップ)

🌈大人気により再入荷いたしました🌈


少量ずつではありますが
様々な形のものを仕入れることができました💫
平たく丸めのものが多いので
体に乗せるワークにも最適です!!


 
***

 
「ユーフォロライト」

アメリカ、サウスダコタ州

インディアンの聖地で発見され
2015年に世に出たユーフォロライト。
44種類以上の鉱物が混在していると言われています。

沢山の鉱物の個性が相乗効果となってそのパワーは未知数です!

その類まれなエネルギーを持つユーフォロライトは

純粋な地球と宇宙の高次元意識との繋がりを思い出させ
愛の光そのものであるあなた自身を世界に放射しようとするときに
出会う石です。
 
人間とは多次元な存在であるということが
頭ではなく空間的な理解、体感を通じて感じやすい石でもあります。

 

 
宇宙と地球
過去と未来
古代と新世界
女性性と男性性
潜在意識と顕在意識
エネルギーと現象世界 etc.

 

  
2個持ちすることで
二つの世界に橋を渡しバランスをとって
全く新しい次元の扉を開きます。
 

 
地球のアセンションがますます進んでいくと言われている中
その次元の波動に適応した私たちのあり方も問われています。
   
 
体調や精神が過敏になってしまう際にも
この石とワークすることで気づきと癒しを同時に行い、
新時代対応のボディーに底上げするのを進めてくれるでしょう。
  
 
沢山の成分が混合していながらも
各々の個性が活かしあっているこの石は、
 
一つの愛で繋がっていながらも違いを認め合い調和する
これからの時代の人間関係やクリエイションを現しているようです




***


🌈成分の偏りによる違いが各々の個性を打ち出しています。

☆青いブルートルマリン(インディコライト)が入っているものは
ありのままの自分に安らぐことを助けます。
とくに、喉のチャクラにアクセスし
自分に高すぎる基準を課している時に生じる
内気さ、過敏さに対して安らかさと、満足のいく結果をもたらします。

☆紫系のリピドライトがメインのものは
あまりにも深いレベルにあるために
気がついていなかった痛みや問題にまで

光を当てて、浄化を促します。
ハートに出来ていたカサブタを自覚させてくれます。

 

☆ピンク系のものは特に

レッドドラゴンのエネルギーを持つと言われ、

決して「一人ぼっちではないんだ」という感覚

大きなものに守られているような、

繋がっている安心感を感じさせてくれる石です。

どっしりとしてエネルギーが満ち、元気が湧き上がってくるでしょう。


☆マイカがメインのゴールド〜茶、グリーンのものは
高ぶる神経を落ち着かせ、叡智を受け取りやすくし
現実に落とし込み安定させることを得意とします。

  

***************************************************************

******************************************
 
この他にも沢山の鉱物たちが

倍音のごとく活性しあい、非常に活発な働きかけをし

喜びで自分を活かしていけるよう、軽い波動に

変容することを後押ししてくれています。


より根源の愛に近い次元の扉を開き

エネルギーを浴びることで宇宙存在である
本質の自分を思い出すのを助けてくれるでしょう。




*非常に多くのマイナスイオンが発生しています。

*石を両手に握りながらの瞑想をお勧めします。

 

 

*** 

 
※お取扱いには充分にご注意ください。

 
※自然光で撮影しておりますが、

 画面の色と実物が若干異なる場合もございます。


 

価格 : 16,280円(税込)
7.8×5.7×1cm, 82.3g
数量    売り切れ
 

アメリカ

15,000円以上は配送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • 手のひらサイズの大きめティアドロップ型です。

ページトップへ